職務経歴書で気をつけること

職務経歴書を書く時のコツ

image

職務経歴書を書く時は、何を一番アピールしたいかを考えておきましょう。ただ職歴を羅列してしまうと、やる気がないと思われる可能性もありますし、会社名の羅列では何を言いたいかは伝わりません。自分が何を伝えたいのか、これを一番重視してください。例えば仕事をするにあたり必要な資格があったとします。

その仕事をするのに特に資格は必要なくても、資格を取得する事により仕事の幅が広がったり、より質の高い仕事ができたりする事があります。職種による違いはありますが、仕事で即戦力になるとわかれば採用担当者も魅力を感じたり、興味を持ったりしてくれるはずです。職務経歴書は見る側に何を伝えたいか、自分の何を知ってほしいのかを考えながら書くのがポイントとなります。職務経歴書には、履歴書に書ききれない社名や業務内容などを書く書類というイメージがありますが、実際は自分を売り込むツールのようなものです。

仕事でプレゼンをする事がある職種では、職務経歴書でプレゼン能力を判断する事もあるため、腕の見せどころです。

仕事でプレゼンをしないという場合も、自分の伝えたい事が会社の求める人材のニーズと合っていれば、採用されるチャンスは増えます。アピールできる特技や資格、実績がある場合は大いにアピールしましょう。今までの経験を通して何を思ったか、何を得たか、それをどう仕事につなげていくかというように具体的である方が、質の高い職務経歴書を作成できます。